Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
てっしー
てっしー
高崎市出身ですが、09年4月、20年ぶりに東京から戻ってきました。東京では音楽の仕事で、演奏や指導・指揮をしていましたが、現在は楽器店勤務でピアノを売ってます。音楽と釣りが好きで、それらを気ままに書き込もうと思ってます。

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  
Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年05月04日

プロの洗礼

怒涛の月末でした…

29日、初練習。
これは先月上旬、1本の電話からはじまりました。
6年前東京にいた頃お世話になったビッグバンドのバンドリーダーから突然電話がかかって来て、5月末にライブがあるんだけど、予定が空いてたら一緒にやらないか?というお誘いでした。この方はジャズの世界でも昔からアレンジャーやバンドリーダーとしてプロの第一線で活躍されている方なので、誘っていただけるのはとても光栄なことで、お引き受けしたところまでは良かったのですが、話を聞くと、合わせは29日の1回のみ、楽譜は今アレンジ中だから曲目も楽譜が出来上がる日も未定、メンバーは半分以上がプロで活躍されているメンバー、サックスはアルト・テナー・バリトン各1本でお前がセクションリーダー…と、かなりハードな条件を突きつけられながらも、楽譜は出来上がり次第送るし、歌バン(ボーカルのバックバンド)だからソロも無いし大丈夫だよ!と言われ、個人的には一線の現場から離れて結構経ってしまったので不安がいっぱいでしたが、良い機会であると前向きに捉え、お引き受けしました。

そして29日も4日程前に迫った頃、さすがに楽譜も送られてくる気配が無いので、事前に連絡先を教えてくれたヴォーカルの方に問い合わせてみたところ「今一生懸命パート譜を写譜中なので、29日までには間に合わせます」とのこと…
では、せめて曲目だけでも教えててください。とメールして2日前に確認した返信メールを見てビックリ!!
今までの話から5・6曲だと想像していた曲数は、書いてあっただけで20曲!全部英語で書いてあり、知っていそうな曲は「Westside Story」「El Cumbanchero」など2.3曲程度で、さらに「直前に変わることもありますがご参考まで~」ってどうすりゃいいの(泣)
そんな気の重さに影響されてか、前日から体調を崩し29日へ突入。
頭フラフラのまま栄養ドリンクで奮い立たせ、リハーサル場所の平井へ。。
少し早く着いたので先にパート譜をチェックしようと思ったら「ここにある4曲以外は他のメンバーが持っているので集合時間にならないと来ない」と言われ、その4曲を見てさらにビックリ!1曲目から楽譜の中盤にコードネームと五線に斜線が書いてある楽譜があるではないですか!?
「アドリブソロ無いって言ってたのに~(泣)」
話を聞くと、オープニングの1曲目は歌無しで行くことにした、とのこと。「中盤のアドリブソロはどの楽器でも良いから誰がやる?まぁ、トランペットとテナーサックスあたりで~」と言われて一瞬ホッとしたのも束の間、演奏はじめて早々とストップしたと思ったら「このソロ長いなぁ~。やっぱりトランペット2人と2回目はテナーとアルトで2クールずつ分けて」と言われて血の気が引きました。
でもやっぱりプロはさすがですね!他のメンバーは皆さん初見なのに20曲キッチリ要求にこたえ、ほぼ完璧に演奏されてました。
特に今回の曲は調号が多いですよ!シャープ・フラット5・6個は普通ですもん。曲の途中で転調も多いし、ジャズはリズムも難しいし…私は特に初見でフラット4つ以上付くと頭がフリーズします。何故かというと長年やっているオーボエとジャズで使うサックスはレ♭の運指が大きく違うからなのです。(まぁ言い訳せずサックスでもスケール練習ちゃんとしろ、ということなんでしょうが…)

本当に他のメンバー皆さんに申し訳ないという気持ちで、練習中は針の筵のようでした。久々のプロのリハーサルの空気・緊張感は半端なく、押し潰されそうでした。ホントすみません、がんばって練習してきます。

そんなこんなで、リハーサルも20曲もあるから結局全曲1回ずつインテンポで通しただけで会場の借用時間が切れてリハ終了。
私は初見の楽譜について行くのがやっとで(ついていけてないかも…)頭フラフラの中必死でしたが「タッタってタンギングするなよ!これだからブラバンあがりは困るよ~」と叱られ続け、帰りはいつもなら池袋や銀座を寄り道することもありますが、そんな気力もなく、あしたのジョーの最終回のように真っ白になって落ち込みながら電車に揺られておとなしく帰宅しました。


その後、別の仕事で30日、1日は続きますが(その様子は後ほど…)お陰で今日まで体調が回復することも無く、3日からの連休もとくに用事も入れず、1人で大人しく自宅で留守番…これから練習します。

ちなみにこのライブのチラシをいただいたので詳細がわかりました。ただ、客席数が60席程度ですので、事前のチケット購入が必要のようです。チケット購入に関しては私までご連絡ください。がんばります、よろしくお願いします。


  

Posted by てっしー at 12:32Comments(0)ジャズの部屋